MENU

ラットタットの脱毛効果や料金・予約をレビュー!

ラットタットってどんなサロン?

 

少し変わった響きのある「ラットタット」というお店の名前ですが、これは、扉を叩く音に由来しています。英語で“扉をたたく音”にの店名には、キレイの扉を叩くの意味が込められています。サロンが新しいキレイに出会える扉となりたいという思いがつまっているわけなのですね。

 

「ラットタット」は皆様の声に応えるために誕生したサロンです。
キレイの扉、脱毛サロン「ラットタット」では、徹底的にムダ毛を処理し、人の目を気ににせず、好きな服を安心して着れるような美肌を目指します。自己処理で、肌を荒らしてしまったり、黒ずみになってしまいファッションを楽しめかったりなどということが無いようにプロの技術で美肌をGETしましょう。
脱毛に費やしていた時間がフリーになりますので、空いた時間で、好きなことができるようになります。自分の好きなことに時間を費やせることは内面の充実につながります。内面の充実は、さらなる外面の魅力UPにつながることでしょう。

 

プロの手でキレイを手に入れ、内面、外面の美しさを得るために、キレイの扉を「ラットタット」でノックするのです。
「ラットタット」は、安心して、キレイを手に入れてもらうために、「無理な勧誘はしない」「表示金額だけ」「未消化分の全額返金」万が一に備えての「Dr.サポート」を4つの宣言としています。
施術に関しても、キャリア10年以上の脱毛のプロを多く揃え、細部まで行き届いた施術を行なっています。

 

 

ラットタットのおもてなし

 

カリスマ脱毛師を始めとする、熟練したスタッフによる施術で、洗練された技術を堪能することができます。シェービング1つにしても、お肌へのダメージに配慮し繊細に行なっています。

 

備品に関しても顧客の立場を考えてあります。他のサロンなどでは、タオルの使い回しなどもありますが、「ラットタット」では、1度使用するたびに、プロにクリーニングに依頼しています。タオルの品質にもこだわり、高級ホテルのレベルの品を使用しています。

 

また、施術前後に使用する保湿ローションにもこだわりがあります。この保湿ローションは、サロンが医療機関と、ともに開発した特別製品です。さらに脱毛専用ジェルも、コラーゲンを多く含んだものを使用しています。この2つで、脱毛に美肌効果を望むことができるようになっているわけです。

 

サロンの清潔さにもこだわり、徹底的に品質を重視し、充実した空間を作り上げています。 ユーザーのプライパシーを守り、安心して、施術が受けられるように個室にもこだわりがあります。個室の仕切りが、カーテンや薄い壁だけですと、どうしても隣の声が気になってしまったり、こちらの話の内容が漏れていないかなど、安心して施術をうけれません。リラックスした空間でキレイになれれば幸せです。ところが、かえってストレス、 リラックスどころでなくては困ります。ですから、「ラットタット」では、プライバシーを重視し、完全個室です。もちろん、女性専用の完全個室です。ツルスベの肌を手に入れるためには、最低でも2年間は必要になります。その間、快適に過ごせるようリラックスを追求した安心の空間になっています。居心地の良さに、自然と、サロンに足が向くような空間を目指して作り上げられています。

 

また来たいと思うような空間であると同時に、サロンに行きたいと思った時に行けるような空間であるように、予約にも工夫がこなされています。予約の電話がつながりにくく、ピーク時の予約がなかなかとれないなどのストレスがないように、独自の予約システムを導入しています。予約は、来店時または電話で行います。予約のとりやすさも、サロンの品質向上の一環として力を入れています。ニーズに応じて新店舗が次々にOPENしていますが、この新店舗OPEN時の「先行予約」は特に狙い目です。予約が取りやすい状態ですので、近くに新店舗が出来るような場合は、要チェックです。その後も店舗ごとにサービスの質を落とさないように人数に制限を設けていますので、通い続けても安心です。

 

 

予約方法

TELもしくは、来店時に次回の予約を入れます。
空いているようであれば、電話での当日予約も可能です。
希望日に空きがいつもの店舗にないようでしたら、近くのサロンでの空きを調べて予約をすることもできます。
万が一予約日の都合が悪くなった時も、サロンに空きがあれば変更が可能です。キャンセル料も必要ありません。

 

 

ラットタットの美肌プログラム

 

まず、無料カウンセリングで、ムダ毛の悩みや現在の肌状態の確認のため、ヒアリングを行います。無料カウンセリングは強引に契約させられるのではないかと心配な方も多いと思いますが、「ラットタット」では、契約するまで拘束されたり、不適切で、不愉快な受け答えをされたりなどの心配はありません。
技術に対する自信と顧客に対する真剣な思いを持つエキスパートが、ユーザー第一のスタンスで行います。。ツルスベの肌を手に入れるまで、細心の注意を払って施術のための準備も行われます。肌の状態によっては、施術を控えるなど、つねに、ユーザーにとって一番良い方法を提示できるようにしています。

 

また、もし、痛みにに対する不安があるという方は、無料カウンセリングの際に、事前のパッチテストがうけられます。「ラットタット」は光脱毛で、ゴムでパチンと弾いた程度の痛みになりますが、個人差もあるので体感してみるのはよいかもしれませんね。

 

次に施術ですが、まず、かならず肌チェックを行います。そして、肌や毛の状態・毛質・毛量を念入りにチェックします。肌状態に合わせて施術が行われます。通常、事前の自己処理が不十分ですと追加料金が発生したり、予約がキャンセルされるサロンもあるのですが、「ラットタット」では剃り残しが合った場合でも、追加料金なして、対処してもらえます。ですから、剃り残しが合ったことに依るキャンセルもありません。事前処理の段階で処理が充分かどうか不安にならずにすみます。但し、VIOラインだけは、衛生上の問題でシェービングができませんから、少々注意が必要となります。

 

いよいよ施術本番では、ジェルを塗布し、施術準備を行います。このジェルにはコラーゲンが多く配合されていますので、脱毛と同時に美白効果も期待されます。
脱毛は、IPL脱毛を採用しており、痛みが少ない脱毛方法です。個人差や箇所によって感じ方は変わってきますが、痛みは感じにくい方法です。

 

最後に、アフターケアです。ジェルを拭きとり、サロンで開発した保湿ローションでしっかりアフ ターケアをします。
顔脱毛が終わった後でもメイクをしても大丈夫ですので、少しの空き時間を利用してサロンにくることも可能です。

 

1〜2週間くらいで、脱毛の効果が現れてきます。自然に毛が抜けてツルスベのお肌に変化してきます。

 

次の施術に関しは、サロンから、最適なサイクルを考えた提案があります。通常、2〜3ヵ月に1回のペースが効果的です。脱毛効果というのは、ムダ毛の活動サイクルである“毛周期”によって大きく左右します。毛周期は、個人差があり、また体の部位によって違います。ですから、個人の状態に合わせた施術が必要になってくるわけです。

 

 

ラットタットの料金体系

 

「ラットタット」の料金プランは 全身脱毛(50部位)が月額6,800円(税抜)となっています。
但し、質を保つために、契約に関しては、毎月人数制限があります。
全身脱毛コースですので、一度に数カ所に対する施術を行うことができますから、全身美肌をいち早く手に入れることができます。

 

「全身脱毛」に含まれる箇所

顔(おでこ・もみあげ・ほほ・鼻下・あごまわり)、うなじ、デコルテ((左・右)、胸(左・右)、乳輪周り、わき(左・右)、お腹、背中(上・下)、へそ周り、下腹部、ヒップ(左・右)、ひじ上(左・右)、ひじ下(左・右)、手の甲(左・右)と手の指(左・右)、ひざ上(左・右)、膝小僧(左・右)、ひざ下(左・右)、ひざ裏上(左・右)、ひざ裏(左・右)、足の甲(左・右)と脚の指(左・右)、VIO(Vゾーン・Iライン・Oライン)
50ヵ所(VIOとフェイスを含む)は業界トップクラスです。

 

 

ラットタットと脱毛の正しい知識

 

よくある質問で、脱毛が肌によくないと言われます。しかし、臨床医学的に体に差し障りのないことは証明されています。

 

また、脱毛すると、汗の量が調節できないということも耳にします。しかし、そもそも、汗腺に、施術はすることはありません。汗をかきやすさとは無関係です。それどころか、顔や口周りのムダ毛・うぶ毛も、「顔コラーゲン脱毛」なら解決できます。肌のトーンも明るくなり、化粧のノリも変わってきます。さらに、コラーゲン脱毛を行うことで、お肌も弾力とハリが増します。

 

その他にも、VIOラインのニオイのお悩みも解決できます。VOIラインはムレやすく、排泄器官も側にあるので、ニオイが生じやすいのです。しかし、VIOラインを脱毛することで、清潔に保つことが簡単になります。海外のセレブの間では、”ハイジニーナ”(アンダーヘアーを全て処理すること)が流行っており、小さめの下着やビキニを楽しむための準備としてメジャーです。

 

この他にもムダ毛に関する疑問は意外と多いと思います。自分で検索するのにも手間がかかりますし、間違った情報も多いです。「ラットタット」でなら、、気軽に相談できます。契約を迷っている場合も、無料カンセリングだけ申し込んで、脱毛のプロに質問してみてはいかがでしょうか。

 

 

このページの先頭へ